妊娠線予防クリーム5

妊娠時のお腹の肉割れは急激に大きくなるお腹に変化に耐えられず、真皮が裂けてできる断裂跡のこと。妊娠中期お腹周りが大きくなったころからできやすくなります。
妊娠時のお腹の肉割れは表皮の奥の真皮にできてしまうので、一度できてしまった妊娠線は治すのは不可能と言われるのが一般的です。全身をゆったりともみつつ妊娠線ケアのためのアイテムを塗ってケアすることで、リフレッシュ効果も期待できるでしょう。

お腹にいるあなたの赤ちゃんに語り掛けながら穏やかな気持ちで妊娠線ケアを行うのもおすすめです。

妊娠した時の線はできてしまいやすい人とそうでない人が存在します。
妊娠時の断裂線ができてしまいやすい人とは「ドライ肌の人」「高齢で赤ちゃんを産む人」「小柄でスリムな人」「太目の人」「双子や三つ子などの多胎妊娠」「一度妊娠、出産を終えた人」「母親が妊娠線持ち」といったケースが挙げられます。

ただ、もし妊娠線ができやすそうなタイプの人でも大丈夫です。きちんと妊娠線予防のケアと体重をに気を付けることで「妊娠の時の断裂線ができなかった」といった女性ももちろんいます。

妊娠の時にできる線を予防したい人はできるだけ早くクリームやオイルを塗って、体重管理も注意を払いましょう。

妊娠線クリームの塗り残しがないように、下っ腹やお尻、背中の部分など、塗りづらい部分は、あなたの旦那様にも手伝ってもらいながらクリームを塗ってもらうと、塗っていない場所を防げます。

妊娠時に使うクリームは水分と油分のバランスが丁度いい感じで入っているので、スッと馴染みやすいのがポイントです。加えて、香りが良い、もしくは無香料のものも多いように思われます。妊娠線オイルと妊娠線クリームの違いは、水分と油分の入っている量です。

妊娠線オイルはクリーム以上に油分が含まれているので、しっとりする力は相対的に高いものとされています。

ただ、妊娠線オイルはにおいやテクスチャが独特だったりするので苦手な人もいます。
ドラッグストアなどに置いてあるボディケア用のアイテムとストレッチマークを作らないための保湿ケアグッズはどういった点が違うのでしょうか?ざっくり言うと、違いは4つあります。
「入っているものは何か」「香り」「値段」「保湿力の高さ」まずは、成分です。
念頭に置くべきなのは、「お腹に子どもがいる」ということ。マタニティ期はホルモンバランスがお腹に赤ちゃんを宿す前より大きく変わりやすいので、現在まで特に使えていた保湿ケアグッズも肌荒れを起こしたり、ヒリヒリ感があったりするんです。でも、マタニティ期専用のアイテムは妊娠中でも使っても大丈夫なようにお肌に優しい成分で作られています。

香りについても違います。
よくお店で見るような体用の保湿グッズは香料という余分なものが入っていたり、ホルモンに影響のあるエッセンシャルオイルが使用されていたりします。
つわりの期間は特に香りで気持ち悪くなる場合もありますし、妊娠中禁忌の精油が使われていたりするので気を付けなければいけません。

商品価格の点でもお店で販売されているものは安く手に入ることが多いですが、妊娠中に使うものはやや高価な場合が多いと思われます。また、保湿ケアの力に関しても違いがあります。

妊娠時の断裂線は表皮の奥の真皮がバリバリと裂けてしまう状態なので、防ぐためには内側を保湿する必要があるというのはお分かりいただけることと思います。

ゆえに、保湿する力が高く、可能な限り真皮まで保湿する力が高い方が効果が期待できます。

妊娠時にできる断裂線を食い止めたいのであれば、万一妊娠線ができてしまっても仕方がないと思えるものを選ぶようにしてくださいね。妊娠時の肉割れの潤すケアは入浴後にするのがおすすめ。

身体が温かくなっているので血液の循環が良くなっており、うるおいが全身に満ちているからです。

 

妊娠線予防 人気 ランキング

コメントを残す